外壁の掃除は意外に間単にできます

どんなに立派な家を建てても、時が経てば家のいたるところに劣化が生じてくるものです。特に外壁の汚れや痛みが目に付いてくるでしょう。
汚れてきた外壁の掃除を専門業者に依頼する人も多いでしょうが、取りあえず自分できれいにしてみてはいかがでしょうか。外壁の汚れは思ったより簡単に自分でメンテナンスすることができます。汚れを放置してしまいますと、家の劣化を早めてしまう恐れもあるため、定期的に掃除するのがお奨めです。外壁を掃除することで見た目が美しくなり気持ちよく住むことができます。

 

外壁の主な汚れは、雨や風による埃、紫外線や車の排気ガス、カビや苔などです。こうした汚れは、早めに掃除をしてきれいにするのが一番です。汚れた状態で長い期間放置してしておきますと、汚れが固まってしまうため掃除をしても落としにくくなり、掃除の手間も時間もかかってしまうことになります。
また、痛みが進行してひび割れや塗装のはがれが発生してしまいます。そうなってしまいますと、雨水が外壁内部へ染みこみ、カビの発生や腐食してしまう恐れが出てくるのです。

 

塗られている塗料は、建物を保護する役割をもっています。塗料の膜が、壁を防護壁のように雨水や汚れから守ってくれているのです。この塗膜は15年以上の耐久性を誇るものもありますが、種類や施工品質で寿命は変わってきます。外壁が汚れやすい場合は、塗料の防水・防汚機能が切れてしまっていることも考えられますので、こうした場合は専門業者に一度見てもらうのをお勧めします。

 

自分で外壁の掃除をしる際に使用するブラシは、車を洗車するときに使用するような柔らかいものを使ってください。硬いブラシで強くこすってしまいますと、塗膜が剥がれてしまう恐れがあるからです。
水で洗剤と汚れを流し落とした後は、自然乾燥を行いますので、埃や塵が舞ってきれいになった壁に付着しないためにも、風がない晴れた日に行なうのがお勧めです。