排水管を掃除する方法

キッチンや台所など水回りの流れが悪い時は排水管が汚れている可能性があります。普段目にする所ではないので掃除として手をつけないことがありますが、水の流れを良くするためにも綺麗にしておく必要があります。排水管には様々なゴミが流れ込んでいます。洗面所なら髪の毛など、台所だと食料や油などが流れ込んでしまうので排水管を詰まらせないために清掃する必要があります。

 

清掃する方法には洗剤で洗う方法、すっぽんなどで吸う方法、分解して綺麗にする方法、重曹と酢を使う方法の4つがあります。洗剤で清掃する場合の手順は、最初に排水口のゴミを綺麗にしていきます。次に、洗剤を流し込んでいきます。洗剤を入れた後は15〜30分程度時間を置いてから水を流し込みます。ここまでの行程が終わったら最後に水流れが良いことを確認し、完了となります。すっぽんで吸う方法は、主に洗剤で掃除することが出来ない物が入ってしまった場合に使います。

 

最初に排水管をむき出しの状態にします。次にすっぽんを押し付け、勢いよく上にあげます。これで取れたゴミを捨て、水を流して終了です。この2つをやっても無理だった場合、分解して清掃します。手順はまずゴム手袋をし、排水管の下にバケツを置きます。次に配管を外し、取れた部品をバケツの中に入れておきます。次に歯ブラシなどで汚れを直接取り除き、分解した部品を再度取り付け、水が流れることを確認して終了です。

 

また、エコに掃除をしたい場合、重曹と酢を使って清掃します。手順はまず排水口に重曹を流し込み、15〜30分程度時間を置き、酢を入れます。重曹は酢と混ざると泡が発生する性質があるので、この性質を利用して綺麗にすることができます。その後30分程時間を置き、水で流して終了です。

 

このような方法で排水管の詰まりを防ぐこてができます。排水管の汚れは放置すると、悪臭や、水が流れにくくなってしまいます。このような事態を防ぐために、普段目にする機会が少ない排水管も掃除しておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です