外壁の掃除は意外に間単にできます

どんなに立派な家を建てても、時が経てば家のいたるところに劣化が生じてくるものです。特に外壁の汚れや痛みが目に付いてくるでしょう。
汚れてきた外壁の掃除を専門業者に依頼する人も多いでしょうが、取りあえず自分できれいにしてみてはいかがでしょうか。外壁の汚れは思ったより簡単に自分でメンテナンスすることができます。汚れを放置してしまいますと、家の劣化を早めてしまう恐れもあるため、定期的に掃除するのがお奨めです。外壁を掃除することで見た目が美しくなり気持ちよく住むことができます。

 

外壁の主な汚れは、雨や風による埃、紫外線や車の排気ガス、カビや苔などです。こうした汚れは、早めに掃除をしてきれいにするのが一番です。汚れた状態で長い期間放置してしておきますと、汚れが固まってしまうため掃除をしても落としにくくなり、掃除の手間も時間もかかってしまうことになります。
また、痛みが進行してひび割れや塗装のはがれが発生してしまいます。そうなってしまいますと、雨水が外壁内部へ染みこみ、カビの発生や腐食してしまう恐れが出てくるのです。

 

塗られている塗料は、建物を保護する役割をもっています。塗料の膜が、壁を防護壁のように雨水や汚れから守ってくれているのです。この塗膜は15年以上の耐久性を誇るものもありますが、種類や施工品質で寿命は変わってきます。外壁が汚れやすい場合は、塗料の防水・防汚機能が切れてしまっていることも考えられますので、こうした場合は専門業者に一度見てもらうのをお勧めします。

 

自分で外壁の掃除をしる際に使用するブラシは、車を洗車するときに使用するような柔らかいものを使ってください。硬いブラシで強くこすってしまいますと、塗膜が剥がれてしまう恐れがあるからです。
水で洗剤と汚れを流し落とした後は、自然乾燥を行いますので、埃や塵が舞ってきれいになった壁に付着しないためにも、風がない晴れた日に行なうのがお勧めです。

掃除はボディーだけではなく車内も綺麗にする

車の中は放っておけばあっという間に散らかり放題になってしまいますので、綺麗にするようにしなくてはなりません。
誰も乗せる事がないから大丈夫と思っていても、急に乗せてほしいと言われたら断る事も出来ないはずです。
暗い時であれば気づかれなかったとしても、明るい時となれば少し汚れているだけでも気づかれてしまいますので、普段から掃除を心がける事です。

 

車の掃除をするのであれば、車内だけではなくボディーに関しても掃除をするようにしたほうがいいでしょう。
ボディーをしっかり洗って綺麗にしておけばピカピカの状態になり、それだけで新しく見えるようになるからです。
ボディーを洗う時には、タイヤのホイール部分も丁寧に磨くようにしておかなくてはなりません。

 

洗車機などで洗った場合には、ボディーを綺麗にすることは出来ますが、ホイール部分までは綺麗にする事が難しいですので、自分でスポンジなどを使って掃除するようにしたほうがいいでしょう。
車内の掃除に欠かせないのは雑巾や掃除機ですので、用意してから始める事です。

 

掃除機に関しては、車専用のタイプもありますが、無理に専用のものを購入しなくても大丈夫です。
庭がある人であれば、家のコンセントにつないで普段家で使っている掃除機を使っても行う事が出来る為、無理に購入する必要はないでしょう。
きれいにホコリやゴミを吸い取るだけでも見た目はかなりきれいになる為、マット部分だけではなく、シートの上なども細かくきれいにしていく事です。
子どもがいる家庭の場合は、泥汚れやお菓子の食べこぼしなども落ちているはずですので、すぐに汚れた感じになってしまいます。

 

大人しか乗らない車だとしても、雨の日の後などは泥がたくさん車内に入ってしまいますので、マットの上が汚れてしまうことになるでしょう。
時間がない時にはマットの汚れを払うだけでも違いますので、出来る事をしてこまめに綺麗な状態にしていく事が大事です。

掃除する場所に応じてノズルを取り換え

家を綺麗にしておくという事は多くの方が熱心に取り組んでいることでしょう。自分の手ですべて綺麗にしていくという事は難しいですから、機械や道具を適切に使っていくことも大切です。掃除機などは大抵のご家庭にあるでしょうから、どんどん活用して家を綺麗にしていきましょう。自分の作業の進め方や家の広さなどに応じて必要な機会や道具を取り入れていくようにしたいものです。

 

掃除機などを使う際に、考えておきたいのがノズルの取り換えです。いつも同じノズルを取り付けて利用しているという方も多いでしょうが、それでは場所によって吸い込みにくいという事も起こってきます。狭い場所には狭いところに入ることが出来る細さが必要になりますし、広い場所では効率的に進めることが出来るように広い吸い口が求められます。適切に変えて行かないとせっかくの作業がうまく生かされないという事にもなってしまうのです。

 

複数の機械などを使い分けるという方もいますが、それだけ多くのものを用意しておくと収納しておくスペースなども必要になります。一つのもので複数の機能を兼ねられる方がスペースもとることなく使いやすいものです。掃除機などを選ぶ際には複数のノズルを取り換えられるものを選んでいくというのも考えておきたいポイントとして挙げられるでしょう。

 

特に家具のすき間やサッシの部分などを掃除するときには細いノズルを使うのが便利です。あまり使っていないという方は是非細めのノズルを付けて掃除してみましょう。今まで届きにくかったところも掃除しやすくなるはずです。床の広いスペースを掃除する場合にも、カーペットや畳、フローリングなど素材によって調整できるヘッドがあるとよりきれいにしやすくなります。

 

作業の仕方は人それぞれ様々な工夫を凝らしていくものですが、その一部としてノズルの変更という事も取り入れていきましょう。掃除がしやすくなって快適な生活を送ることが出来るようになります。

排水管を掃除する方法

キッチンや台所など水回りの流れが悪い時は排水管が汚れている可能性があります。普段目にする所ではないので掃除として手をつけないことがありますが、水の流れを良くするためにも綺麗にしておく必要があります。排水管には様々なゴミが流れ込んでいます。洗面所なら髪の毛など、台所だと食料や油などが流れ込んでしまうので排水管を詰まらせないために清掃する必要があります。

 

清掃する方法には洗剤で洗う方法、すっぽんなどで吸う方法、分解して綺麗にする方法、重曹と酢を使う方法の4つがあります。洗剤で清掃する場合の手順は、最初に排水口のゴミを綺麗にしていきます。次に、洗剤を流し込んでいきます。洗剤を入れた後は15〜30分程度時間を置いてから水を流し込みます。ここまでの行程が終わったら最後に水流れが良いことを確認し、完了となります。すっぽんで吸う方法は、主に洗剤で掃除することが出来ない物が入ってしまった場合に使います。

 

最初に排水管をむき出しの状態にします。次にすっぽんを押し付け、勢いよく上にあげます。これで取れたゴミを捨て、水を流して終了です。この2つをやっても無理だった場合、分解して清掃します。手順はまずゴム手袋をし、排水管の下にバケツを置きます。次に配管を外し、取れた部品をバケツの中に入れておきます。次に歯ブラシなどで汚れを直接取り除き、分解した部品を再度取り付け、水が流れることを確認して終了です。

 

また、エコに掃除をしたい場合、重曹と酢を使って清掃します。手順はまず排水口に重曹を流し込み、15〜30分程度時間を置き、酢を入れます。重曹は酢と混ざると泡が発生する性質があるので、この性質を利用して綺麗にすることができます。その後30分程時間を置き、水で流して終了です。

 

このような方法で排水管の詰まりを防ぐこてができます。排水管の汚れは放置すると、悪臭や、水が流れにくくなってしまいます。このような事態を防ぐために、普段目にする機会が少ない排水管も掃除しておく必要があります。

高圧洗浄機で掃除するメリットやデメリットは

掃除をする場合には、掃除機やその他にもいろいろと道具を使うほうが効率よく清掃できるため短時間で済ますことも可能です。道具に関してもきちんとその場に適した道具である必要がありますが、一軒家などでは外壁や玄関先から門までなどをきれいに掃除する場合には、埃や枯れ葉、その他のゴミを箒で取り除いたとしてもしみついた汚れが残ってしまう場合があります。このような場合には高圧洗浄機を利用してみるといいでしょう。

 

高圧洗浄機で掃除するメリットとしては、凹凸のある部分などの汚れなども霧状に水を噴射することで箒などでは落とせない汚れなども落としやすいという点です。また、短時間で汚れを落とすことができる点もメリットの一つといえるでしょう。また、高圧洗浄機の種類によっては、溜め水を利用できるタイプのものもあります。水道代を節約する意味でもそのタイプの洗浄機を利用するというのもいいでしょう。ただし、電気代などがかかる点は注意が必要です。

 

デメリットとしては、水圧の強さと騒音です。高圧洗浄機のため、水圧はそれなりに水がはねることになります。掃除をしている本人もその水がかかってしまうこともあり、周囲なども注意しないと場所によっては周囲に水がはねとんでしまうこともあるでしょう。そのため、高圧洗浄機を使う場合には、汚れてもいいような服装でいることや周囲に水がかかっても問題ないか注意しながら掃除をすることが大切です。

 

そして稼働音と水圧によって周囲に騒音トラブルとなる可能性がある点もデメリットの一つです。音が大きいため周囲に迷惑がかからないように時間帯なども配慮する必要があります。基本的に昼間などの時間帯に行い、早朝、夜など音がしてしまうと周囲に不快な気分にさせないためにもその時間帯は避けるようにすることで、周囲との騒音トラブルを回避しましょう。
掃除をしたい場所などによっては高圧洗浄機は、とても便利です。ですが、水圧、騒音の二つにおいて注意が必要なためよく考えてから使用しましょう。